このエントリーをはてなブックマークに追加

水虫の原因

足 水虫

足の水虫は足白癬とも呼ばれるように、白癬というカビが原因で起こります。皮膚の角質層というところに入り込み、その中のケラチンを栄養として増えていきます。ケラチンのある場所であれば、どこでも水虫になるというわけです。ですから、足の他にも手や頭、爪や体全体が水虫になる可能性があるのです。

白癬きんって?

ジメジメした湿気の多い場所を好みます。湿度が70%以上、温度も15度以上になると、どんどん増えます。剥げた皮膚の中でも生きていることができるほど、生命力が強いのです。一日中靴下にストッキング、靴を履いて、ムレムレの足でいると、白癬きんにやられてしまいますよ!

水虫の種類

足の水虫は大きく三つに分けられます。以下の種類になります。爪水虫というものもありますが、これは【爪水虫】のページで詳しく説明します。

ジュクジュク

これは、足の指の間が赤くただれる「趾間型」と呼ばれるものです。ジュクジュクして白くふやけて皮がむけてしまい、激しい痒みもあります。臭うときは水虫が原因ではなく、他のきんが原因になっています。

かゆくて水疱ができている

足の横の面や足の裏などに、小さな水疱ができて赤くなります。「小水疱型」と呼ばれるものです。徐々に水疱が乾いてきて皮がむけたり、かさぶたになったりします。とても激しい痒みがあります。

足の裏の皮が厚くなる

これは「角質増殖型」と呼ばれるもので、足の裏の皮が硬く、厚くなります。ガサガサしていて、皮もぼろぼろとむけてしまいます。ひび割れやアカギレを起こす場合もあります。空気が乾燥して、汗のかきづらい冬に悪化する水虫です。痒みがないため、水虫だと気づかない人も多いので注意しましょう。

水虫の治療と予防

足 水虫 予防

以前、水虫は治らない、再発するものだと言われていました。ですが、しっかり治療して意識してケアしていれば繰り返すことはありません。まず、皮膚科を受診して水虫かどうかを診断してもらいましょう。素人判断で水虫だと思いこみ、市販薬を使い続けていると、症状が改善されないばかりか、逆に悪化させてしまう場合もあります。ただの皮膚炎やかぶれなどの場合もありますので、市販薬を使う場合でも、水虫かどうかをハッキリさせてからにしましょう。

清潔を保つ

何はともあれ清潔が一番です。足の指の間もしっかりと刺激の少ない石けんで丁寧に洗いましょう。仕事で一日中ストッキングや革靴を履いている人は、帰宅したら一番に足を洗うように習慣づけましょう。

乾燥させる

水虫はジメジメと湿った環境が大好きです。足を清潔に洗ったあとは、しっかりと水分を拭き取って乾燥させます。できれば家の中では裸足になっているのが望ましいですね。

薬は毎日塗る

気まぐれに薬を使っていても治りません。毎日きちんと塗りましょう。

上手な薬の使い方

痒いときだけ薬を使っていて、中々治らないと嘆いていませんか? きちんと毎日塗ることが大切です。1日1回となっているものは、入浴後の皮膚が柔らかくなっていて、薬の浸透しやすいときに塗りましょう。1日2回のものは朝と晩に塗るようにします。患部だけに塗るのではなく、そのまわりにも塗りましょう。症状が治まって治ったと喜んで、薬の使用を中止しないでください。症状が治まっても、最低1ヶ月は薬を継続して使いましょう。これは古い皮膚が新しい皮膚に生まれ変わるサイクルを考えても、有効な手段といえます。夏、水虫の治療をして症状が治まり、安心していたのにも関わらず、次の年の夏には再発……なんて話をよく耳にします。これは前年の水虫治療が不完全で、空気の乾燥した冬の間は息を潜めていた水虫が、ジメジメした夏にまた顔を出しているだけなのです。根気よく治療をしていきましょう。

水虫はうつる!?

先に述べたように、白癬きんは足から剥がれた皮でも生きていることができます。水虫の人が使ったスリッパやバスマットなどには、はがれ落ちた皮がついている可能性があります。そこで息を潜めている白癬きんでうつってしまいます。できれば、バスマットやスリッパは専用のものを使いましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

足 あし
昔は水虫といえば、男性のかかるものだというイメージがありましたが、現在では女性でも珍しくなく、女子高生や小学生でも水虫になる人がいるようです。原因を知れば防ぐこともできますね。きれいな足で素足になりましょう!
トップページ > 足の皮膚のトラブル > 水虫