このエントリーをはてなブックマークに追加

爪の割れ

爪が割れて生えてくる場合、爪を作る部分が何かしらのダメージを受けてしまっている可能性があります。爪が割れて生えてきたり、普通に生えていてもぶつけるなどして割れてしまった場合、靴下やストッキングに引っかかり、痛い思いをすることがあります。それ以外にも、爪の割れをそのままにしておくと、バイキンが入って化膿してしまう場合もあります。稀ですが、巻き爪につながることもあります。

爪が割れる原因

足 爪

最初から割れて生えてくる場合、爪を作る部分にダメージを受けている可能性があるのは先ほど述べましたが、その他にも原因はあります。爪に縦に線が入っていて、そこから割れていく場合、血行障害の可能性が考えられますので、この場合は一度医師の診断を仰いだ方がいいでしょう。その他にも食べ物の栄養バランスが悪かったり。ストレスなどでも割れてしまいます老化現象でも爪の割れは見られます。割れた爪を補修するケア用品も販売されていますので、応急措置として使ってみてはどうでしょうか。

縦に割れてしまったら

外的刺激で、爪が縦に割れてしまい、補修するケア用品もない場合、瞬間接着剤でくっつけて、割れたところがなくなるまで伸びるのをまちます。栄養面でも、タンパク質と鉄分を意識して多く摂るようにしましょう。ビオチンの摂取も効果的です。

二枚爪

二枚爪は文字通り爪が二枚に剥がれてくるもので、爪甲剥離症の一種です。一番の原因は乾燥とタンパク質不足です。最近ペディキュアを塗っている女性は珍しくなくなってきていますが、剥がすときに使うネイルリムーバーで、爪の乾燥が進んでしまう場合があります。リムーバーを使って、爪が白くなってしまうことってありませんか? それは急速に水分が奪われて乾燥してしまったからなのです。そのままにしておくと、二枚爪になってしまう場合があります。ネイルリムーバーを使ったあとは、クリームなどを塗って爪も保湿してあげましょう。次のタンパク質不足ですが、食事での栄養バランスの偏りや、ダイエットなどでタンパク質が不足すると、二枚爪になってしまいます。爪の成分のほとんどはタンパク質ですから、体調が悪かったり、栄養バランスが悪いと、爪の色が変色したり、線が入ったり、二枚爪になってしまうのもうなずけますね。また、低色素性貧血、血行不良などの場合にも二枚爪は起こります。

二枚爪のケア

二枚爪 ケア

一度剥がれてしまった二枚爪は元には戻りません。この先、二枚爪を防止するためのケアが大切です。まず、原因として挙げた食生活の見直し、ネイルリムーバーを使ったあとの保湿は徹底して行いましょう。次ぎは、爪切りを使わないということです。ヤスリを使うようにしましょう。手の爪でしたら簡単にヤスリをかけられますが、足の爪だとちょっと困難かもしれませんが、爪切りを使うと爪に負担がかかり、二枚爪になりやすくなってしまいます。爪切りを使うのであれば、入浴後の爪がやわらかいときに使うようにしましょう。爪への刺激を極力少なくするために、靴もつま先に余裕のある靴を履くようにしましょう。

注意が必要な二枚爪

普通、二枚爪は数カ所の爪に起こります。もちろん1ヶ所だけの場合もあります。これが足や手だけではなく、手も足も、全部の爪に二枚爪が起こった場合、甲状腺機能亢進症をはじめ、膠原病など体全体に関わる病気が隠れている場合があります。全ての爪に同時に以上が現れたときには、迷わずに病院に行きましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

足 あし
足の爪が割れて生えてくる人って、意外に多くありませんか? 自分も小指の爪が割れて生えてきています。二枚爪も、ストッキングなどに引っかかるので痛いですよね。どうして割れたり二枚になったりするのでしょうか。
トップページ > 足の爪のトラブル > 爪の割れと二枚爪