このエントリーをはてなブックマークに追加

巻き爪って?

足 巻き爪

巻き爪は、爪が内側に向かって巻いているようにはえてくる爪のことです。多くは足の親指に症状が出ます。爪が足の肉に食い込んできて激しい痛みのために歩行困難になる場合もあります。足をかばって歩くために、腰が痛くなったり、膝が痛くなったりもします。

巻き爪の原因

ヒールが高かったり、先が細くなっているパンプスなどでなる場合があります。立ち仕事でも、足に負担がかかるためになりやすいと言われています。また、足を強打してしまった場合、爪の横の皮膚が炎症を起こして盛り上がり、爪を圧迫して巻き爪になることもあります。深爪もよくありません。爪を短く切りすぎると、周りの皮膚は爪がなくなった部分に向かって盛り上がってきます。こうして両側から爪が圧迫され、逃げ場がなくなって巻き爪になってしまいます。爪が巻くので短く切っているという人がいたら、今日からやめてください。悪化の原因になります。益々ひどい巻き爪になってしまいます。また、爪が薄い場合、まわりの肉に圧迫されやすくなりますので、爪が巻きやすくなってしまいます。厚い爪の方が巻き爪になりにくようです。

巻き爪の治療

巻き爪 治療

巻き爪は自分では治すことができません。病院は整形外科形成外科外科などで治療してもらえます。痛みもないし、受診するのが面倒だからと放っておくと、爪がどんどんまわりの肉に食い込んで、化膿してしまい、陥入爪になってしまいます。それでも放置しておくと、骨までおかされてしまい、最後には足を切断ということにもなりかねないことなのです。何事も楽観視しないのが大切です。

巻き爪の矯正

巻き爪は病院で矯正することができます。すぐには治りませんが、根気よく矯正することによって、痛みに悩まされた巻き爪から解放されるのです。

ワイヤー矯正

内側に巻くように生えている爪を真っ直ぐに生えるようにワイヤーで矯正する治し方です。肉に食い込んでいる爪の端の部分に脱脂綿や細いチューブをはめて保護します。爪の上部の両端に、細い針などで穴を開けてワイヤーを通します。ワイヤーが内側に巻いてしまっている爪を両端から開こうとする力を働かせ、爪の形を整えながら伸びていきます。この治療法は、1〜2ヶ月ごとにワイヤーの交換と爪を切るために通院しなければいけません。それまでの痛みも軽減され、それから先の痛みもありませんが、ある程度爪が伸びていなければできない治し方です。

テンション矯正

これもワイヤーを使う治療ですが、爪が短くてもできる方法です。爪の両端にワイヤーをかけて、爪に張力(テンション)をかけて巻き爪を左右に持ち上げて矯正する方法です。1〜2ヶ月ごとにワイヤーの付け替えが必要です。

巻き爪の手術

巻き爪の手術フェノール法と呼ばれるものがあります。爪が巻いてしまっている両端の部分を取り除き、爪の幅を狭くするオペになります。爪の幅が狭くなることで左右の肉の部分に爪が当たらなくなります。切り取られた部分から、再度爪が生えてこないようにフェノール液を使って爪母細胞をころしてしまいます。爪母細胞自体を切り取ってしまう場合もあります。局所麻酔によって行われるので痛みはありませんが、術後の痛みは傷が治るまでは多少痛みは残ります。再発しやすいとも言われていますので、矯正することをお勧めします。

COLUMN

巻き爪 コラム

我が家は親子代々深爪が趣味なのでは? と思うくらい、足の爪を短く切ります。そのことで、なんとなく巻き爪っぽくなってきて、「これはやばい!」と思い、深爪をやめました。妹が巻き爪から陥入爪になって手術を経験していたからです。自分では気をつけていたのですが、すぐそばに盲点がありました。娘が見事に巻き爪予備軍でした。深爪を繰り返し、爪の端が肉にあたって化膿してきています。爪の切りすぎを注意したところ、切っていないのに伸びてこなくなったとのこと。慌てて整形外科につれていき、その場で切開の処置を受けました。幸い巻き爪と呼べるほどのものではなかったので、深爪をしないように注意されて1週間ほどの通院で治ることができました。みなさんも深爪にはくれぐれも注意しましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

足 あし
巻き爪ってどんなものか知っていますか? 知っている人はこの言葉を聞いただけで、足がムズムズしてしまうかもしれませんね。とても痛くて、歩くことすら困難になってしまうこともあります。
トップページ > 足の爪のトラブル > 巻き爪