このエントリーをはてなブックマークに追加

開帳足とは

外反母趾になると、足の親指の第1中足骨が外側に飛び出てしまいます。こうして外側に向いている状態だと、必然的に人差し指の骨との間が開いた状態になります。このため、指の付け根のアーチが平らになってしまいます。この状態を開帳足といい、柔らかさがあり、中足部を握ると幅が狭くなる足をこんにゃく足と呼んでいます。足が本来の幅よりも、広くなってしまうことをいいます。

開帳足の原因

足 開帳足

一番に挙げられるのは、足の筋肉の低下です。さらにはサイズの合わないきつい靴、反対に、横幅のありすぎるゆるめの靴です。サイズの合わない靴は、開帳足だけではなく、外反母趾までもを悪化させてしまいます。ヒールの高い靴も原因の一つに挙げられます。開帳足になるとクッションの役割をするアーチがなくなるために、足も疲れやすく、踏ん張りもきかなくなります。ひどくなると、日常生活にも支障がでてきます。見た目でも、足の指が扇状に広がっている状態になり、たこや魚の目の原因にもなります。アーチがなくなることで、指の付け根全部が地面につくことになり、汗をかきやすくなって水虫の原因にもなります。また、体重の増加なども原因に挙げられます。

女性に多い原因

上に挙げた原因の他に女性に多いものとしては、運動不足や仕事で1日中立っていることの多く、足が疲れやすい仕事をしている人です。歩くことが少なくなると、靱帯が弱くなり、疲れがたまると伸びきったままになってしまいます。この靱帯のゆるみが開帳足の原因になります。

開帳足の治療

早めの治療が望ましいとされるのには、どんな疾患であれ当たり前であり、ちゃんと理由があります。開帳足の場合、関節が硬くなってしまうと矯正も難しく、足が変形してきたと感じたら、すぐに治療にとりかかるべきです。開帳足を矯正すると同時に、外反母趾も矯正する必要があるでしょう。開帳足の場合は、足の疲労感が大きいですが、テーピングによって軽減でます。

足のストレッチ

効果的なのは足の筋肉を鍛えることです。筋力低下は様々なトラブルを引き起こしますので、ストレッチで筋肉を鍛えていきましょう。棒など細長いものを置き、その上に、横アーチが当たるように立って、繰り返し足踏みをしましょう。かかとの上下も足の裏の筋力アップにつながります。別ページで紹介している、タオルのたぐり寄せ運動も効果的です。床の上に裸足で立って、床を足の指でつかむようにして前に進んでいくのもかなり効果があるといえるでしょう。親指を正常な方向に引っ張ることも無駄ではありません。太いゴムなどを両親指にかぶせて、お互いを引っ張るようにするといいでしょう。

開帳足の手術

開帳足 手術

程度の軽いものだと病院では装具を使います。ストレッチなどの運動や、装具をつけても改善がみられずに、日常生活に支障がでるほど痛みがある場合、外科的手術になる場合があります。程度が軽い場合は軟部組織だけを修復する方法から、程度が進むと骨を切らなければならないものまで様々です。手術をすることで、見た目の足の形が通常に戻ったとしてもズキズキと痛みが続く場合もあり、違う場所にまで痛みが散ってしまう場合もあります。

開帳足になったら

足の幅が広くなってしまうために、幅広の靴を履く傾向が見られるようです。外反母趾の人にも幅広の靴に変えることが多いようですが、これは全くの逆効果です。症状を悪化させるだけで、たとえ幅のある靴を履いたとしても快適ではないはずです。サイズはぴったり合ったものを履きましょう。痛いからといって大きめの靴を履くのはいけません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

足 あし
開帳足はこんにゃく足とも呼ばれていて、外反母趾から更にすすんだ症状をいいます。外反母趾では、親指が小指側に曲がった状態をいいますが、これから更に、様々な症状を伴って開帳足になってしまうのです。
トップページ > 足の変形 > 開帳足