このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイアーチ(凹足)とは

足 ハイアーチ

冒頭でも触れましたが、足のアーチが高く、甲高になっている状態の足をいいます。単なる足の変形だけではなく、神経や筋ジストロフィーなどでも見られる症状です。筋肉の釣り合いが取れていないことによって突然起こるものと、麻痺によるものとがあります。5〜6歳くらいでこの前兆が見え始め、発育と共に筋肉の均整がとれなくなって進行して病的なものになっていきます。関節の柔らかい早期に気づくことができれば矯正できます。

ハイアーチの原因

ほとんどの原因が遺伝によるものですが、ハイヒールなどのヒールの高い靴が原因となる場合もあります。ハイアーチだとヒールの高い靴の方が、足が楽です。だからといって、ヒールの高い靴ばかりを履いていると、足の歪みがどんどん進行してしまいます。すごい土踏まずの人が稀にいますが、もしかしたら凹足かもしれませんね。

症状

見た目の症状はもちろんのこと、甲の部分が高くなり、土踏まずの部分が非常に持ち上がっている状態ですので、体の重みを支えるのが踵や親指と小指の付け根の点で支えることになります。これによって、たこや魚の目ができたり、腰痛の原因になったりもします。

改善策

常に足底筋が縮んだ状態であるため、歩くと足の裏が痛くなったりします。かかとと足の裏の前部で体重を支えるため、この負荷をバラバラに散らせてあげることが必要です。大きめの縦アーチのサポートで、足の底部でも荷重を受け止められるようにしましょう。かかとを上下する運動も効果的です。

ハイアーチの治療

ハイアーチ 治療

必ずといっていいほど出来ているたこや魚の目を取り除きます。体重の足へのかかり方を分散するために、一人一人に合った足形を取り、中敷きを作ります。高すぎるカーブや広がりを直しながらバランスを取ります。更に、プロテクターやシリコン型を利用して、靴での圧迫部分を保護して痛みを軽くします。足の裏の筋力を強化することでも改善されない場合は、足の底の腱膜を切ります。更に改善されない場合は、中足骨をきることになります。こうして手術になる前に、早めにケアしておくことをお勧めします。あまりにも程度が重い場合には、外科的手術治療になります。

予防

足の裏の運動はもちろんのこと、足の指の運動も重要なものとなります。歩き方も、かかとをついたら足の裏全体をつけるような感じで、指で蹴り上げるという正しい歩き方を心がけましょう。足底筋肉を鍛える運動をし(扁平足のページ参照)、痛みを感じる靴は履かないようにしましょう。

正しい歩き方

ハイアーチや扁平足に限らず、正しい歩き方は姿勢もいいので、歩き方の歪みからくる関節の痛みから解放されます。

理想的な靴底の減り方

靴底の減り方で、歩き方の癖が分かります。理想的な靴底の減り方は、かかと部分と親指のあたる部分が減っている状態です。正しい歩き方をしているといえるでしょう。

悪い靴底の減り方

極端にかかとだけが減っていくのは、がに股で歩くことが原因です。腰痛を呼びますし、血行が悪くなる歩き方です。つま先ばかりが減っていく人は、踏み込み歩きという歩き方をする人です。外反母趾になりやすい歩き方ですので注意が必要です。外側が減っていく人は、がに股歩きやO脚の人に多いです。腰が痛くなったり、足首やひざへの負担から足が疲れやすい傾向にあります。反対に内側が減る人は、内股歩きの人に多いです。血行が悪くなって冷え性になりやすい歩き方ですので注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

足 あし
ハイアーチは凹足とも呼ばれ、扁平足の逆と考えるといいでしょう。扁平足は土踏まずがなく、足の裏が平らになっているものですが、ハイアーチは土踏まずが極端に上がりすぎて、甲高になっている状態の足をいいます。
トップページ > 足の変形 > ハイアーチ