このエントリーをはてなブックマークに追加

足の変形

昔の中国では纏足といって、幼い頃から足を押さえつけて変形させ、足の発育を止めて、足が小さければ小さいほど美しいとされていた時代がありました。

故意に変形させていただなんて、現在では考えられない風習ですね。

ページの紹介

足 変形

ここでは、【足の変形】に関するページの紹介をしていきます。足の変形といってもその症状は様々です。早めに矯正すれば治るのも早いものばかりですので、気づいたら適切なケアを行いましょう。それには自己判断は厳禁で、医師の指導の基で適切な処置を行いましょう。足の変形は筋肉に関係したものばかりではなく、骨の変形によるものもあります。治療を始めるのが遅いと骨も硬くなり、矯正できるものもできなくなってしまいます。

外反母趾と内反小趾

大人だけではなく、子供にも増えてきたと言われている外反母趾について取り上げています。その正反対の内反小趾についても触れています。内反小趾については知らない人もいるかもしれませんね。基本的に、ケアの方法は同じですが、何もせずに放っておくと、程度が重くなってしまい、歩くのもままならなくなってしまいます。何事も早めのケアと治療が肝心なのです。パッドなどのケア用品も販売されていますが、治療とは別なものになりますので、痛みがある場合はきちんと病院に行きましょう。

開帳足

外反母趾とセットで起ることの多いのがこの開帳足です。治療は外反母趾と一緒にすることをお勧めします。外反母趾さえ防げれば、この開帳足も防げるでしょう。ならないようにするには、足の裏の筋肉を鍛えることや、サイズの合わない靴を履かないことです。サイズの小さい靴でも大きな靴でもいけません。ピッタリの靴を履くようにしましょう。改善策として、ケアの方法やストレッチの方法を紹介しています。

外反足と内反足

外反足 内反足

外反足と内反足も反対の症状を持つものです。内側に反っているか外側に反っているかの違いです。外反足に比べて、内反足の治療には少し時間がかかります。大人ではなく、そのほとんどが子供にみられる症状ですので、大人である親が責任を持って治療にあたらなければいけません。気になるようであれば医師が様子を見ましょうと言わない限り、自己判断で放置することのないようにしましょう。すぐ治るものでもありませんので、根気よく治療することが大切です。

扁平足

外反母趾と並んで知名度のある足の疾患といったら、この扁平足でしょう。え? 病気なの? そう思われる人も多いでしょう。痛みがない場合は普通に日常生活をおくることもできますし、矯正せずに大人になっている人もたくさんいますね。しかし、正常な足の形ではないことには変わりありません。外反母趾を併発していることも多く、きちんと矯正しておきましょう。扁平足は長時間歩くことが苦痛に感じる人も多いようです。ちゃんとしたケアをしていきましょう。矯正法や治療法を紹介しています。

ハイアーチ

扁平足の反対といえば分かりやすいでしょうか。土踏まずが極端にあがっていて、足の甲も盛り上がっている足のことをいいます。原因や改善策などを紹介しています。

ハンマートゥ

ハンマートゥー

後天性のものにも関わらず、意外にも子供に多いのがこのハンマートゥです。サイズの小さい靴をはき続けたり、先の細くなったハイヒールなどをはき続けていると、指が曲がったまま戻らなくなってしまうというものです。改善策はあるのでしょうか。子供の成長はとても早いのに、いつまでも小さい靴を履かせていると足の指ものびのびと成長していけません。子供のハンマートゥは親の責任とも言えるかもしれません。常に気をつけている必要があります。大人の場合は、先が細くなっていて、ヒールが高くて足前部に体重がかかるハイヒールなどが原因になります。予防策をしっかり読んで、ハンマートゥにならないように、なってしまった場合は、早期にケアしていくように心がけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

足 あし
昔の中国では纏足といって、幼い頃から足を押さえつけて変形させ、足の発育を止めて、足が小さければ小さいほど美しいとされていた時代がありました。故意に変形させていただなんて、現在では考えられない風習ですね。
トップページ > 足の変形 >