このエントリーをはてなブックマークに追加

足の働き

足の働き

は、歩いたり走ったり、立っているのはもちろんのこと踏ん張るのにも使います。私たちが動くためにはかかせないパーツなのです。それだけではありません。心臓から全身に送られた血液がの先端まで届きます。足は、その血液を心臓に押し上げる働きもしています。この足の働きが思うようにいかなくなると、血圧も上がりますし、食欲減退、不快感などが出てきます。全身の健康のためにも、大切なパーツというのがお分かりでしょう。

 

足の骨格

人間の足の骨の数は56個です。片足だと28個ですね。全身で208個ですから1/4もの量が足の骨ということになります。足は体を支える大切なパーツです。体重がかかり、それを支えながらも動きやすい構造となると、小さな骨がたくさん必要になります。一番体重がかかるのは、かかとの部分の足根骨という骨で、体重の90%を7つの骨で受けています。それでは詳しく足の骨を見ていきましょう。

趾骨

全部で14個の骨で形成されています。足の先端からみて、4個の足趾末節骨、同じく4個の足趾中節骨、母趾末節骨が一つに基節骨が7個となっています。

中足骨

5個の中足骨、内側種子骨と外側種子骨がそれぞれ一つずつあります。

中根骨

内側楔(くさび)状骨、中間楔状骨、外側楔状骨、舟状骨、立方骨、距骨、踵骨の7つです。

足の構造

足の構造

体の中の筋肉の70%が足にあり、この筋肉の働きによって私たちは動くことができ、血液を心臓へと押し上げることができるのです。足の裏全体には神経が集まっていて、大脳へとつながっています。足にトラブルがあると、体になにかしらの不調が起きるというのも分かりますね。

アーチ構造

足の裏の内側には、土踏まずという凹みがありますね。の骨を横から見るとアーチ型をしているからです。これを「内側縦アーチ」と呼び、外側は「外側縦アーチ」と呼びます。外側に関しては、見ただけではアーチ型になっているのは分かりません。このアーチ構造には、歩いたとき、走ったとき、飛び上がったときなどに、衝撃をアーチによって吸収して負担を軽くする働きがあります。アーチに弾力性を持たせるために、足底腱膜というとても強い線維の束が、かかとから扇状に広がっています。この足底腱膜は、衝撃を吸収する悪割りを持っている他に、WINDLESS機構という巻き上げる働きもします。歩行するときに踏み出すとき、その踏み返しの動作に働いています。歩いたり走ったりできるのは、このWINDLESS機構の働きによるものなのです。この働きによってアーチが上下し、足の血行もよくなって、重力で下に滞りがちな血液を心臓に送るのです。こうしたことから、足は第二の心臓と呼ばれるのです。

足のトラブル

足が私たちの体で、動くのにも健康にも大切なものだということが分かったと思います。ちょっときつめの、サイズの合わない靴を履いただけでもトラブルは起きてしまいます。にトラブルが起きると、他の体の部分にも影響が出てきます。トラブルが起きるのは一瞬でも、それを治してケアしていくのは時間がかかります。そうならないためにも、きちんとのことを知っていきましょう。

裸足のすすめ

先にも書いたように、足の裏にはツボが集中しています。裸足でいるとツボが刺激され、血行もよくなります。結果的に、体の調子もよくなります。幼稚園や保育園では、裸足が方針のところもあるようですね。足の疲れも減りますのでおすすめです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

足 あし
足 あし
足は第二の心臓とも言われ、体の中でも重要なパーツの一つです。足の裏には体中に効果のあるツボも集まっているほどです。足の裏を押して痛いところはありませんか? つったりむくんだり、臭いも気になりますよね? ちょっと足のことを学習してみましょう。
トップページ >
〔関連サイト〕